【稼げる案件も紹介】Webライターとして稼ぐ方法を徹底解説

Webライター初心者の中には、文字単価0.5円未満の低単価案件で疲弊している方も多いですよね。そこで今回は、稼げるWebライターになるためのコツを詳しく解説するので、フリーランスのWebライターとして独立したい方はぜひ最後まで読み進めてみましょう。

2024年1月21日

【目次】

PR

※当記事にはコンテンツ広告が含まれています!

Webライターとして稼ぐ7つの方法

Web上で収益を上げるのに欠かせない文章には、以下の7種類のタイプのものが存在し、それぞれ書き方が大きく異なります。

ここでは、Webライターとして稼ぐ7つの方法を詳しく解説するので、初心者ライターの方はぜひ参考にしてみてください。

SEO記事の構成と本文の新規作成

Webライターとして稼ぐ最も代表的な方法が、Googleの検索エンジンの上位表示を目指すSEO記事の作成です。

コラム・取材記事と異なり主観的な意見を入れず、幅広い読者に満足してもらえるように、客観的に書き上げていくのが特徴です。

文字単価1円が基準となりますが、専門性の高い案件になると文字単価3円~5円で発注される場合もあります。

完成したSEO記事のリライト

作成した記事は情報が古くなり役に立たなくなってくるので、上位表示し続けるためにはリライトを行い情報を更新する必要が出てきます。

文字通り記事の内容を修正する作業になりますが、下手に直すと記事の質(検索順位)が落ちる場合もあるので、新規記事の作成よりも難しいです。

記事のリライトを行う際は、文章術やSEOに関する書籍を読んでから取り組んで、高品質な記事を書けるようにしておきましょう。

以下のボタンをクリックして有料noteを購読すれば、高確率でリライトを成功させられるので、興味を持った方はぜひチェックしてみてください。

コラム・取材記事の新規作成

ライティングスキルを高めていくと、自分の意見を述べるコラム記事や、他人の意見を掲載する取材記事にも取り組めるようになります。

コラム・取材記事の主張が気に入らなかった読者が離脱するため、単なるSEO記事よりも検索上位に表示させる難易度が高いです。

AI文章生成ツールであるChatGPTは、主観的な内容のコンテンツを作るのが苦手なので、仕事を奪われたくない方は早い内にコラム・取材記事の新規作成に取り組みましょう。

YouTube台本の制作

YouTube台本とは、YouTubeの動画で話すために使われる原稿を指し、チャンネル登録者数を増やすのに活用されます。

一般的なSEO記事と異なり面白さが追及される上に、話し言葉で書かなければいけないのが難しいポイントです。

コラム・取材記事と同様に、面白くて属人性の高いコンテンツなので、ChatGPTに置き換わる可能性は低いです。

有料note等の情報コンテンツの作成

有料noteやBrain等に掲載される情報コンテンツでは、相手に行動を促して成約させる「コピーライティング」の技術が活用されます。

常識を破壊して相手の未来を変えるような内容が求められるため、アイデア力が要求されるのが特徴です。

可能性の高い常識的な出来事に基づいて文章を生成する、ChatGPTには苦手な分野なため、SEO記事と異なりAIに置き換わりづらいです。

Kindle等の電子書籍の執筆

Kindle等の電子書籍の執筆では、Amazonで出品するKindle本の文章を作り上げていきます。

情報コンテンツに比べると単価が低く、1件につき100円~1,000円程度しか入って来ないため、収入の上限が低くなりマネタイズしづらいのがデメリットです。

ステップメールの作成

商品成約前に流すステップメールの作成代行においても、情報コンテンツと同様にコピーライティングの技術が活用され、以下の9つの要素(説得の価値観9)が満たされるように設計します。

ステップメールの構築がうまく行けば、月100~1,000万以上の不労所得を実現できるため、情報コンテンツと同様に高単価を実現しやすいです。

稼げるWebライターが持つ5つの特徴

Webライターとして成功するためには、クライアントに価値提供できる姿勢やスキルを身に付ける必要があります。

ここでは、稼げるWebライターの5つの特徴について解説するので、高収入ライターになりたい方はぜひ読み進めてみましょう。

ビジネスモデルを考えてコンテンツを作成できる

マネタイズ方法によって収益が大きく変わってくるため、低単価案件で疲弊しないようにするためには、ビジネスモデルを考えられるWebライターになる必要があります。

例えば、低単価なアドセンス広告を掲載したトレンドブログは収益が発生しづらく、文字単価1円未満でしか発注できない場合が多いです。

一方で、高単価なアフィリエイト案件を掲載できる金融・FX系の記事作成や、情報コンテンツの販売を行うメディアは文字単価10円を実現できる場合があります。

ビジネスに関する知識を身に付けて、事業のマネタイズ方法について考えられるWebライターを目指しましょう。

論理的思考力が高く解析を行うのが得意

稼げるWebライターは、高い論理的思考力と解析能力を持ち、検索順位の改善に欠かせないGRC等のSEOツールも使いこなせるのが特徴です。

SEOツール名 用途
GRC 各キーワードの検索順位の測定を行える
Googleサーチコンソール 検索順位・クリック数の確認に使われる
Googleアナリティクス PV数の計測や読者の属性の解析を行える
ラッコキーワード 検索上位表示された競合記事の分析を行える

マインドマップ・記事構成の作成が上手かったり、検索順位を改善できたりすると、読者を増やせるのでメディアの収益を上げやすくなります。

クライアントの考え方をそのまま反映できる

クライアントの考え方を的確に理解して反映すると、手間を省けて利益の拡大に貢献できるため、継続案件を受注しやすくなります。

一方で、レギュレーション(執筆ルール)を守らずに記事を書いてしまうと、クライアントから怒られて最悪の場合は低評価まで付けられがちです。

テストライティングでは、メディアのレギュレーション(執筆ルール)やトンマナ(文章の表現方法)を順守して、継続案件を受注できるWebライターになりましょう。

指示待ち人間にならずに自分の頭で考えて行動できる

フリーランスでは働いた分だけ収入が高まる「完全成果報酬」の世界なので、指示待ち人間になってしまうといつまで経っても稼げません。

会社にいるだけで給料が発生する「時給」に頼る、サラリーマンマインドから抜け出して、自分の頭で考えて行動できるようにしましょう。

報連相(報告・連絡・相談)が徹底していて即レスを行う癖が身に着いている

稼げるWebライターが持つ特徴の1つとして、報連相が徹底していて即レスが行える点も挙げられます。

連絡が素早く行えると、納期よりも早く記事の提出を行えて、納品できるコンテンツの数が増えるので収益を高めやすいです。

時間の束縛が無くだらけがちなWebライターですが、報告・連絡・相談に関しては正社員と同様にしっかり力を入れましょう。

文字単価が高く稼げる案件6選

高単価な商材を販売できる案件は、大きな収益が発生するため、文字単価が高くなりやすい傾向にあります。

ここでは、文字単価5円も実現可能な高単価な案件を6つ紹介するので、稼げるWebライターになりたい方はチェックしてみましょう。

専門的な知識を持つSEO記事の作成

金融や不動産などの専門的な知識を持つSEO記事では、高単価なアフィリエイト案件を紹介できます。

そのため、YMYL(Your Money or Your Life)ジャンルで検索上位表示の難易度が高くても、文字単価が上がりやすいです。

特に自分の意見を主張するコラム記事を手掛けられるようになると、文字単価10円も実現可能になるので、年収1,000万円プレイヤーも目指せるようになります。

自分の意見を主張するコラム記事の作成

自分の意見を主張するコラム記事は、属人性が高く専門性が求められるため、金融や不動産のSEO記事と同様に高単価になります。

ただし、信頼がないとコラム記事の案件が振って来ないので、報告・連絡・相談を徹底してクライアントとの信頼を勝ち取りましょう。

相手にインタビューを行う取材記事の作成

相手にインタビューを行う取材記事の作成は、通常のSEO記事に比べて手間がかかるため、コラム記事と同じく高単価な案件が多いです。

しかし、クラウドソーシング上で掲載される取材記事は低単価な案件も紛れ込んでいるので、直接契約を結ぶようにしましょう。

チャンネル登録者数の多いYouTubeチャンネルの台本制作

チャンネル登録者数の多いYouTubeチャンネルでは、動画を配信すると大きな収益が発生するため、台本制作も高単価になりやすいです。

次に紹介するコンテンツ紹介に比べると収益性は低いものの、文字単価2円~5円を実現できるため、YouTubeチャンネルの台本制作にも積極的に取り組みましょう。

4,980円以上の単価で販売される情報商材(有料note・Brain)の作成

4,980円以上の単価で販売される、有料note・Brainのコンテンツを作成すると、1回のローンチで10万円を超える利益を叩き出せるので文字単価が跳ね上がります。

比較的低単価な情報コンテンツ(単価5,000円・2万文字)を販売した場合、10部売ると文字単価2.5円、20部売ると文字単価5円を実現可能です。

数十万円以上する高額情報商材も成約できるようなレベルに達すると、文字単価30円~50円も目指せるようになります。

継続的な不労収入を得られるステップメールの構築代行

継続的な不労収入を得られるステップメールに関しても、コピーライティングの技術が使われるため、情報コンテンツの作成と同様に高単価になりやすいです。

ステップメール配信ツールである、Lステップやプロライン等の使い方についても理解する必要がありますが、高収入ライターになりたい方はステップメールの構築代行にも挑戦してみましょう。

稼げるWebライターになるために必要な5つのステップ

稼げるWebライターになるためには、記名を行える個人メディアで実績を作って、高単価な案件を受注する必要があります。

ここでは、稼げるWebライターになるために必要な5つのステップを紹介するので、初めてライティング案件を受注する方はぜひ最後まで読み進めてみてください。

文章術・SEOに関する書籍を読んだうえでポートフォリオ記事を作る

実績なしの状態では、高単価なライティング案件を受注することは困難なため、検索上位表示される高品質なポートフォリオ記事を作る必要があります。

文章術・SEOに関する書籍を読んでから、時間をかけて高品質なポートフォリオ記事を作りましょう。

クラウドワークス等のクラウドソーシングサイトに登録する

個人ブログのポートフォリオ記事が完了したら、クラウドワークス等のクラウドソーシングサイトに登録します。

以下の5つのステップを行うだけでクラウドワークスに登録できるため、ポートフォリオ記事ができたらすぐに会員登録を行いましょう。

会員登録の手順(クラウドワークスの場合)

  1. クラウドワークスの公式ページ(crowdworks.jp)を開く
  2. メールアドレスの登録と認証を行う
  3. ユーザー名やパスワードなどのアカウント情報を登録する
  4. 本名や住所などの個人情報の入力を行い「入力内容を確認する」ボタンを押す
  5. 「会員登録を実行する」ボタンを押して会員登録を完了させる

テストライティングを合格させて文字単価1円以上の継続案件を受注する

会員登録が完了してプロフィール欄も埋まったら、文字単価1円以上の案件に提案文を送っていきます。

実績が認められればテストライティングが舞い込んで来るだけでなく、ユーザーニーズに沿った高品質なコンテンツを作れれば、継続案件を受注できる可能性が高いです。

求人票の指示通りに提案文を作成して提出した上で、高品質な記事を素早く納品して、クライアントからの信頼を勝ち取りましょう。

他のクライアントからも継続案件を獲得して収益を安定させる

クライアントのメディアの規模感にもよりますが、1社だけでは受注できる案件数に上限があるだけでなく、収益も不安定になります。

突然案件を切られた時にも対応できるように、他のクライアントからも継続案件を獲得して、収益を安定して出せる状態にしましょう。

専門性を高めてステップメールの構築代行などのマニアックな案件を受注する

SEO記事で稼げるようになったら、専門性を高めてステップメールの構築代行などの難しい案件を受注すると、文字単価が上がるのでさらに収益を高められます。

ただし、新しいスキルを学んでいる間は収益が出ないため、ある程度経済的に余裕が出来てから取り組むようにしましょう。

クラウドソーシングサービス以外で稼げる案件を受注する方法

クラウドワークス等のクラウドソーシングサイトでは、誰でもできるような簡単な仕事を流すために活用されるため、専門性の高い仕事を受注しづらいのが欠点です。

ここでは、クラウドソーシングサービス以外で稼げる案件を受注できる、5つの方法について詳しく解説するので、より高単価な案件を受注したい方は参考にしてみてください。

Twitter(X)等のSNSサイト

Twitter等のSNSサイトでは、Webライター経験者を集められるため、クラウドソーシングよりも高単価になる傾向にあります。

また、直接契約という扱いになるので、報酬の15%~20%を占めるサービス手数料がかからないのも大きなメリットです。

Indeed等の求人紹介サイト

Indeed等の求人紹介サイトでは、成果報酬型の業務委託契約だけでなく、時給労働型の正社員・アルバイトに関する案件も取り扱われているのが特徴です。

時間の切り売りを行わなければならないため報酬アップが難しいのがデメリットですが、生活できるだけの収入を安定して確保していきたい方に向いています。

知り合いからの案件紹介

メディアを運営している知り合いがいると、SEOライティングの案件だけでなく、ステップメールの構築代行等の案件が募集される場合があります。

SEOライティングの単価感はSNSと変わらないものの、関係の深い人にしか紹介されない専門的な業務を巻き取れるのがメリットです。

ライティングスクール等のコミュニティ経由の案件受注

ライティングスクールに加入していると、コミュニティ経由でSEOライティングの案件が舞い込んでくる可能性があります。

いつでも仕事が提供される訳ではないものの、文字単価2円以上の高単価案件が入る場合があるので、記事執筆の依頼が来たら積極的に受注していきましょう。

新規・既存メディアへの直接営業

メディア運営者に対する直接営業は難易度が高いものの、うまくいけば高単価な法人案件を受注できる可能性があります。

WebディレクターやSEOコンサル等の上流工程の業務も行える可能性があるので、スキルとコミュニケーション能力に自信がある方は直接営業にも挑戦してみましょう。

相手の事業に対して価値提供できれば稼げるWebライターになれる!

相手の事業に対して大きな価値を提供できれば、還元される報酬が大きくなるので稼げるWebライターになれます。

Webメディア関連の事業の知識を身に付けるだけで、ただのフリーランスWebライターと差別化できるので、ビジネスモデルもしっかり理解しておきましょう。

広告

\Webライターとして成功したい方は以下の記事も要チェック!/

 【文字単価2円を目指せる】ChatGPTの添削機能を活用した文章力の高め方

 【爆速で文章を書ける】ChatGPTを活用した効率的なブログ記事の執筆方法

 【コミュ障でも集客できる】ChatGPTでSEO記事をリライトする方法

\Webマスターになりたい方はサーバーとドメインを取得できる以下のリンクも要チェック!/

プロフィール

サイト管理者
品田 裕希

1994年生まれのWebライターで東京農工大学出身。メカマスター(修士)を目指すも日本語が全く使えず、初めての就活で無い内定になり休学した苦い経験を持つ。

重度のコミュ障でありながら、2019年6月からWebライティングを始め、2022年7月には最高月収25万円を達成した。

水泳とスキューバダイビングが趣味。将来はダイブマスターになることを夢見ている。現代文の達人である南極老人に憧れを抱いている。

     

カテゴリー

意識(0)

身体感覚(0)

幸福(0)

知能(0)

学力(0)

受験(0)

テスト(0)

就職活動(0)

副業(0)

WEBライター(5)

WEBデザイナー(0)

フリーランス(0)

プログラミング(0)

お金(0)

税金(0)

AI記事作成ツール


ChatGPTを活用して記事作成から文章添削を行う方法を網羅的にまとめたコンテンツとなります。記事の文章がなかなか書けないWebライター初心者の方におすすめです!