稼げるWebライターになるために必要なSEOとは?【検索上位を取るコツも紹介】

SEO(検索エンジン最適化)とは、Webライターで稼ぐ上で欠かせない知識となりますが、抽象的でふんわりした概念なので理解できず悩んでいる方も多いですね。そこで今回は、個人ブログで検索順位1位を3回獲得した私が、SEOの本質的な内容について分かりやすく解説します。

2024年1月5日

【目次】

PR

※当記事にはコンテンツ広告が含まれています!

Webライターに必要なSEOとはGoogleの評価を高める対策を指す

稼げるWebライターになるためには、SEO(検索エンジン最適化)について学び、以下の検索エンジンで上位表示させる必要があります。

なぜなら、Webライターとして稼ぐためには、メディアの読者を増やして、クライアントの収益向上に貢献しなければならないからです。

検索エンジンごとに評価指標が異なりますが、Yahoo!もGoogleのアルゴリズムを使っているので、Googleに関するSEO対策を行えば9割の読者に確認してもらえます。

上記の理由から、稼げるWebライターになるためには、SEOについて学んでGoogleの評価を高める必要があることが分かります。

世界一の検索エンジンであるGoogleの3つの評価指標

Googleは世界一の検索エンジンとして知られていますが、検索結果の品質を保つために、「Needs Met」と「E-E-A-T」の2つの評価指標を活用しています。

ここでは、上記の評価指標の概要について詳しく解説するので、SEOに対する理解を深めたい方はぜひ参考にしてみてください。

  1. ユーザーニーズの合致度を示す「Needs Met」
  2. ブログ自体の信用性を評価する「E-E-A-T」
  3. 読者の満足度を示す検索行動(直帰率・滞在時間)

ユーザーニーズの合致度を示す「Needs Met」

Googleの評価指標の一つである「Needs Met」は、ユーザーニーズへの合致度を示し、ウェブページが読者の期待にどれだけ応えているかを評価します。

例えば、特定のキーワードで検索した時に、執筆したページがユーザーが求めていた情報を完全に提供している場合は、最高評価である「Fully Meets」が得られます。

一方で、ユーザーの期待に応えられない場合は、「Slightly Meets」や「Fails to Meet」という低い評価が付くので、検索上位表示されません。

Needs Metの評価 評価の意味
Fully Meets ほぼ全てのユーザーのニーズを満たす
Highly Meets 大多数のユーザーのニーズを満たす
Moderately Meets 一部のユーザーのニーズを満たす
Slightly Meets 少数のユーザーのニーズを満たす
Fails to Meet ユーザーのニーズを満たさず迷惑をかけている
(※低品質コンテンツとなりペナルティを食らう)

最低評価である「Fails to Meet」を貰ってしまうと、「低品質コンテンツ」となりペナルティを食らうため、ユーザーニーズに合致した記事を作りましょう。

ブログ自体の信用性を評価する「E-E-A-T」

Googleのもう1つの評価指標として、「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」がありますが、最近ではExperience(経験)も追加されて「E-E-A-T」となりました。

ここでは、「E-E-A-T」のそれぞれの概要について説明していくので、Googleに評価されるブログを作りたい方は確認してみましょう。

ChatGPTの台頭により新しく追加されたE(Experience)

ブログ自体の信用性を評価するための、「E-A-T(専門性・権威性・信頼性)」の指標に、ChatGPTの台頭により新しく追加された要素が「Experience(経験)」です。

Googleの競合となる検索エンジンとして、マイクロソフト社のBingがあり、2022年の末にChatGPTを開発したOpen AIと手を組みました。

結果として、危機感を覚えたGoogleは緊急事態宣言(Code Red)を発令し、Experienceという新しい評価指標が追加されました。

2023年の10月のコアアップデート(シャチアップデート)で、とうとう経験重視のコンテンツを評価するようになったため、内容が薄っぺらいまとめサイトの評価がガタ落ちしました。

ChatGPTでは得られない、一次経験(実体験)や二次経験(書籍・文献)を増やして、文章生成AIとの差別化を行いましょう。

サイトの専門性を評価するE(Expertise)

メディア自体の信用性を評価する、「E-E-A-T」の指標の一つである「Expertise(専門性)」は、メディアがどれだけ専門的な知識を提供しているかを評価します。

さまざまなジャンルについて浅く取り扱う雑記ブログよりも、一つのジャンルに絞って特化ブログにした方が、検索エンジンから高い評価を得やすいです。

医療や法律などの「YMYL(Your Money or Your Life)」ジャンルでは、専門知識が特に重要視される傾向にあります。

個人ブログを始める時は、特定のジャンルの検索キーワードに絞って、記事を作り上げていきましょう。

ページランク・ドメインパワーを示すA(Authoritativeness)

ブログ自体の信用性の評価基準である、「E-E-A-T」の3つ目の要素であるA(Authoritativeness)は、ページランク(ドメインパワー)により評価が左右されます。

他の信頼性の高いサイトからの被リンクを多く受けていると、ドメインパワーが上がってGoogleから高く評価されやすくなります。

ドメインパワーはMozで確かめられ、DAの数値が30以上あるとYMYLジャンルでも上位表示されやすいです。

記事自体の品質を評価するT(Trustworthiness)

Googleの評価指標となる「E-E-A-T」の最後の要素である、「Trustworthiness(信頼性)」は、記事自体に掲載されている情報の信頼性を評価します。

例えば、医療関連のブログが正確な医学情報を提供せず、誤ったアドバイスや情報を含む場合は、「低品質コンテンツ」であると見なされます。

信頼性を欠いた記事を量産してしまうと、サイト全体がペナルティを受けてしまう可能性があるので、情報の真偽を必ずチェックしましょう。

読者の満足度を示す検索行動(直帰率・滞在時間)

Googleアナリティクスで調べられる、直帰率や滞在時間によっても、Googleの評価が変わります。

直帰率とは、1ページ目で以下の検索行動を取り離脱した割合を示し、ユーザーの満足度が低い検索行動(Hard Bounce・Medium Bounce)が多発するとページの評価が落ちます。

滞在時間は文字どおりページに留まった時間であり、長いほどHard BounceやMedium Bounceが減るので高い評価が得られやすいです。

以下の3つの対策を行うと、読者の平均ページ滞在時間を延ばせるので、ぜひ実践していきましょう。

Googleの評価指標はコアアップデートにより大きく変わる!

稼げるWebライターになるためには、SEO(検索エンジン最適化)の重要性を理解して、Googleの評価指標に合ったコンテンツを作り続ける必要があります。

数か月に1回のコアアップデートで評価基準が大きく変わり、例えば2023年10月に行われたシャチアップデート(Killer Whale Update)では、経験と権威性がより重視されるようになりました。

他にも大きく評価基準が変わったアップデートは、以下の表のとおりになるので、継続案件を切られるのが不安な方はぜひ確認してみましょう。

アップデートの名称 導入時期 アップデート内容
パンダアップデート 2011年2月 以下の「低品質コンテンツ」にペナルティを与えた
①コピーコンテンツ
②不適切な広告の設置
③不自然な日本語で自動生成されたコンテンツ
フレッシュネスアップデート 2011年11月 サイトの更新頻度を評価の基準に加えた
ペンギンアップデート 2012年4月 リンクスパムに対してペナルティを与えた
モバイルフレンドリーアップデート 2015年4月 スマホで見にくいサイトにペナルティを与えた
医療健康アップデート 2017年12月 人のお金・生活に関わる
YMYLジャンルの評価が大幅に厳しくなった
①医療
②美容・健康
③金融
④不動産
⑤FX・仮想通貨
シャチアップデート 2023年10月
~2023年11月
評価基準にE(Experience)が追加され
権威性のあるサイトを高く評価するようになった

Webライターがユーザーニーズに沿った記事を書くSEO対策

Webライターがユーザーニーズに合致した記事を書くためには、以下の3つのSEO対策が不可欠です。

ここでは、ユーザーニーズに沿った記事を書くために必要な、3つのSEO対策を詳しく解説していくので、高品質な記事を執筆したい方は読み進めてみましょう。

読者が離脱しないように分かりやすい文章を書く

読者が離脱しないようにするためには、分かりやすい文章を書くことが欠かせません。

分かりやすい文章を書く5つのコツを紹介するので、クライアントから文章表現を注意されている方はぜひ参考にしてみてください。

文法ミス・誤字脱字や冗長表現を減らす

読者が離脱しないようにするためには、文法ミス・誤字脱字や冗長表現を減らした、分かりやい文章を書くことが重要です。

誤字脱字や冗長な表現は読者の注意を逸らし、文章の理解を難しくするので離脱率が上がり、ユーザーニーズの合致度を下げる要因となります。

一方で、分かりやすい文章は読者にとって魅力的で、滞在時間が長くなるため、Googleから評価されやすくなります。


以下の2つの例文を読み比べてみましょう。

  1. 商品の品質についての詳細な情報を提供するために、我々は消費者に対して、商品の特徴や性能に関する情報を提供します。
  2. 商品の品質について詳しく説明し、商品の特徴や性能に関する情報を提供します。

2つ目の文は冗長な表現を排除し、分かりやすくまとめられているので、読者はより効果的に情報を理解できます。

検索上位表示される良い記事を書くためには、文法ミス・誤字脱字や冗長表現を注意深く修正して、読者が文章を離れずに読み進められるようにすることが不可欠です。


以下のコンテンツを購読すれば、何度でも文章表現を添削してリライトしてもらえるため、分かりやすくて離脱しづらい記事を作れるようになります。

ChatGPTを活用した文章添削のコンテンツに興味を持った方は、以下のnoteをチェックしてみましょう。

 【文字単価2円を目指せる】ChatGPTの添削機能を活用した文章力の高め方

​PREP法やSDS法などの書き方のフレームワークを活用する

読者が離脱しないように分かりやすい文章を書くためには、PREP法やSDS法などの書き方のフレームワークを活用することが効果的です。

書き方のフレームワークを活用すると、読者が情報をスムーズに理解できるようになるので、記事の途中で離脱される可能性が低くなります。

最も代表的なフレームワークであるPREP法は、以下の順で文章を構成するのが特徴です。

PREP法やSDS法などの書き方のフレームワークを使うと、分かりやすい文章を書きやすくなるので、初心者Webライターの方はぜひ活用してみましょう。

記事構成を作る前に読者のペルソナを設定する

ユーザーニーズに合致した文章を書くためには、記事構成を作成する前に、読者のペルソナ(人物像)を設定することが不可欠です。

対象読者層をある程度明確に把握して記事を書くと、読者の心に刺さり滞在時間が延びるため、ユーザーニーズの合致度が上がります。

ただし、対象を狭めすぎると離脱率が逆に高まるので、詳細に設定し過ぎないようにしましょう。

結論を先に述べる

検索エンジンに訪れるような人は信頼関係が築けていないので、「起承転結」のような回りくどい言い方をしてしまうと、内容を理解する前に離脱されてしまいます。

他のサイトをクリックしてしまうと評価が下がる要因になるので、記事の最初の方で結論を述べて、読者の悩み(ニーズ)を解決できるようにしましょう。

読み手の知りたい順で書く

ユーザーニーズに沿った記事を書くためには、読み手の知りたい順で構成の見出しを作る必要があります。

構成作りはライター初心者にとっては難しい作業ですが、ラッコキーワードを活用して検索上位の競合記事をまとめると作成しやすいです。

さらに、以下のコンテンツを購読すると、ChatGPTを活用して読み手の知りたい順番に見出しを楽に作れるようになります。

無料部分を読むだけでも記事作成を行う上で役に立つため、興味を持った方は以下のリンクをクリックしてみましょう。

 【爆速で文章を書ける】ChatGPTを活用した効率的なブログ記事の執筆方法

Googleのクローラーに理解できるようにSEO対策を行う

読者にとって分かりやすい記事をかけたとしても、Googleのクローラーに理解されなければ、検索結果に表示されないので意味がありません。

ここでは、Googleのクローラーに理解できるようにする、3つのSEO対策を紹介していきます。

タイトルや大(h2)見出しに検索キーワードを入れる

Googleのクローラーに理解できるようにSEO対策を行うためには、タイトルや大見出し(h2タグ)に検索キーワードを適切に配置することが必要です。

タイトルや大見出しに検索キーワードを組み込むと、Googleのクローラーに認知されやすくなり、上位表示される可能性が上がります。

記事キーワードの検索意図・クエリを把握する

ロボット型検索エンジンであるGoogleでは、最後のクエリープロセスで、読者の検索意図(検索クエリ)に基づいた記事を上位表示させます。

記事のキーワードにはさまざまなものがありますが、以下の4種類に大きく分けられ、Doクエリ・Buyクエリを狙うと商品を成約させやすいです。

SEO対策を行う際には、上位表示させたいキーワードに関する検索意図やクエリを理解して、ユーザーニーズに沿った記事を作れるようにしましょう。

パーマリンク・スラッグやメタディスクリプションを設定する

Googleのロボット(クローラー)に理解できるようにSEO対策を行うためには、記事のURLの表記(パーマリンク・スラッグ)や、メタディスクリプションなどの設定も欠かせません。

検索画面に表示されるスニペット(抜粋)に影響を与え、クリック率に影響を及ぼすため、忘れずにしっかりとセッティングしましょう。

網羅性の高い記事構成を作成する

ユーザーニーズを満たすためには、網羅性の高い記事構成を作れるようにする必要があります。

網羅性が高くユーザーニーズに沿った、記事構成を作る3つのコツを紹介するので、Webライター初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

検索上位10位までの競合記事の見出しをまとめる

網羅性の高い記事構成を作成するためには、検索上位10位までの競合記事の見出しをまとめる方法が有効です。

SEOツールであるラッコキーワードを活用すると、検索上位記事の見出しをまとめて確認できるため、網羅性の高い構成を作りやすくなります。

他の競合記事には存在しないオリジナルの見出しを追加する

競合記事の見出しをまとめただけでは、オリジナリティを確保できないため、検索上位と似たページとして扱われて除外されてしまいがちです。

他の競合記事には存在しないオリジナルの見出しを追加して、独自性の高いコンテンツを作れるようにしておきましょう。

​MECE(モレ・かぶりなし)を意識する

網羅性が高い記事構成を作成しても、似たような見出しが複数存在すると、冗長になってしまうので読者が離脱しやすくなります。

例えば、ステマ規制で悪名高いM社では、「モバイルバッテリーのおすすめ人気ランキング102選」という、見た瞬間にブラウザバックされてしまうような記事が作られています。

以下のMECE(モレ・かぶりなし)の原則を意識して、不要な見出しを削除できるようにしておきましょう。

Webライターが「E-E-A-T」に沿った記事を書くSEO対策

「E-E-A-T」に沿った記事を書くためのSEO対策に関しても、検索エンジンランキングを向上させる上で重要です。

経験・専門性・権威性・信頼性に焦点を当てたSEO対策も紹介するので、個人ブログを開設しているWebライターの方はぜひ参考にしてみてください。

E(経験:Experience)を高めるSEO対策

2023年10月にコアアップデート(シャチアップデート)が行われた関係で、E(経験:Experience)を高めるSEO対策の重要度が高まりました。

ここでは、E(経験:Experience)を高められる、3つのSEO対策について詳しく解説していきます。

記事の導入文の部分で実績を紹介する

1つ目のE(経験:Experience)を高めるSEO対策として、記事の導入文の部分で実績を紹介することが効果的です。

なぜなら、記事キーワードに対する経験を示せるだけでなく、ブログの運営者を信じられずに離脱される壁(Not Believe)を超えられるので、Googleから評価されやすくなるからです。

例えば、「Webライター SEO」の記事を書く時は、実際に検索上位表示された実績を提示すると、経験者であると信じてもらえるようになります。

記事の導入部分で自分自身の実績をしっかり紹介して、読者の関心を引きつけましょう。

一次情報(実体験)を盛り込む

一次情報(実体験やデータ)を記事に盛り込むと、経験に関する評価がさらに高まり、検索上位表示されやすくなります。

上記の画像データを活用することで、実際に個人ブログで検索順位1位を3つ獲得している実績を証明できます。

最新のコアアップデートにより、経験がより重視されるようになったため、実績を証明する実体験やデータも含めましょう。

プロフィール欄を作って記名を行う

個人ブログの右上にプロフィール欄を作成して記名を行うことも、経験に関する評価を高めるSEO対策として有効です。

深い悩みを解決した自己紹介文も掲載すると、Googleから信用されるだけでなく、読者から信頼されてファンを作りやすくなります。

自分自身のオリジナルコンテンツを販売したい方は、プロフィール欄も作成しておきましょう。

E(専門性:Expertise)を高めるSEO対策

ここでは、ブログの専門性を高める3つのSEO対策について、初心者の方でも理解できるように分かりやすく解説していきます。

ブログを開設してみたものの検索上位表示されない方は、ぜひ参考にしてみてください。

プロフィール部分で取得した資格を掲載する

先ほど紹介したプロフィールの実績部分で、取得した資格を掲載すると、2つ目のE(専門性:Expertise)の評価まで高まります。

例えば、「ダイブマスター」という資格を提示すると、ダイビングに関して専門性のあるサイトだと見なされやすくなります。

FP2級の資格があれば、金融系のライティング案件を受注しやすくなるので、取得した資格があるWebライターの方はプロフィール部分に掲載しましょう。

初めのうちは1つのジャンルに絞って書く

初めのうちは1つのジャンルに絞ってコンテンツを書く工夫も、個人ブログの専門性を高めるSEO対策として有効です。

例えば、Webライター関連の特化ブログを作る場合は、「Webライター 〇〇」といったキーワードで記事を量産すると、専門性が上がり上位表示されやすくなります。

ジャンルによって収益性が変わってくるので、個人ブログで起業する方は稼ぎやすいジャンルを選びましょう。

高い専門性が必要な「YMYLジャンル」は避けるようにする

Webライターの案件では、人のお金や命・生活に関わるYMYLジャンルは大きな金が動くため、高単価案件になりやすいです。

しかし、WELQ問題による医療アップデートにより、高い専門性が求められるようになったため、YMYLジャンルはドメインパワーの弱い個人サイトでは上位表示されません。

以下のジャンルは「YMYL(Your Money or Your Life)」に該当するので、新規ドメインを使って個人ブログを立ち上げる方は選ばないようにしましょう。

ジャンル名 内容
金融情報 クレジットカード、投資(FX・仮想通貨・株)、ローン、保険、税金
医療情報 健康、メンタルヘルス、薬
法律情報 損害賠償、遺産相続、社会福祉
時事問題 政治、ニュース(エンターテイメント・スポーツは対象外)
ショッピング 商品やサービスの購入、決済(ECサービス)
人権問題 人種、宗教、LGBT、発達障害
その他 住宅情報、就職、進路選択、栄養学、美容等

A(権威性:Authoritativeness)を高めるSEO対策

コンテンツの信頼性と権威性を向上させるためには、サイトのドメインパワーを付ける工程も欠かせません。

ここでは、A(権威性:Authoritativeness)を高める、3つのSEO対策について詳しく解説するので、ブログを開設する方はチェックしてみましょう。

強いサイトの外部リンクを集めてサイトのドメインパワーを高める

運営するメディアの権威性を上げるためには、強いサイトの外部リンクを集めて、ドメインパワーを高める作業が欠かせません。

一般的に被リンクを集める作業は他人の協力が必要なので、自力でドメインパワーを付けるのは難しいです。

しかし、ペライチやPOTOFUを有効活用すれば、自力でドメインパワーを高められるため、ブログを立ち上げる方は上記のサイトに個人ブログのリンクを付けましょう。

内部リンクも積極的に活用して記事自体の権威性も高める

サイト内部にあるリンクを積極的に活用するSEO対策を行うと、記事自体の権威性を高められます。

例えば、ウェブサイト内で特定のビッグキーワードに関するピラーページを作成して、関連するトピックコンテンツを作ります。

上記の記事に内部リンクを貼り付けて相互的につなげれば、トピッククラスターができるため、検索難易度の高い記事でも上位表示しやすいです。

論文などの権威性の高い情報を引用する

もともとGoogleは論文検索のシステムだったので、書籍や論文などの権威性のある二次情報を下記のように引用すると、記事自体の権威性を高められます。

学術論文は多くの学術論文を参考にして書く。すぐれた学術論文は、多くの学術論文に引用され学会に影響を与えている。webコンテンツも他のwebコンテンツからリンクを張られているwebコンテンツがいい情報源といえると、ペイジとブリンは思いついた。

引用元URL:https://nuis.repo.nii.ac.jp/record/2579/files/11_nagai.pdf

ただし、引用した文章ばかりを掲載すると、コピーコンテンツとなりペナルティを受けるので注意しましょう。

T(信頼性:Trustworthiness)を高めるSEO対策

サイトの信頼性が低いと、「低品質コンテンツ」と見なされてしまいペナルティを受けるので、検索画面に表示されなくなってしまう可能性があります。

ここでは、メディアの信頼性(Trustworthiness)を高める、3つのSEO対策を紹介するので、Googleペナルティを受けたくない方はチェックしてみてください。

二次情報(書籍・論文)もしっかり確認しておく

サイトの信頼性(Trustworthiness)を高める方法として、情報の正確性が高い一次・二次情報を活用する手法が有効です。

二次情報に該当する書籍や論文は、Web上の個人ブログに記載された三次情報よりも高い信頼性を持ちます。

ChatGPTで書いた記事と差別化でき、Googleペナルティを受ける可能性を減らせるため、書籍や論文も積極的に活用していきましょう。

嘘情報を吐き出すChatGPTなどの文章生成AIに依存し過ぎない

文章生成AIは記事作成において非常に有用なツールですが、三次情報しか抜き出せない上に、平気で嘘の情報を吐き出す大きな弱点があります。

嘘情報をそのままブログに掲載してしまうと、低品質コンテンツと扱われてしまい、Googleペナルティを受ける危険性があります。

ブログ・メディアの記事を作成する時は、ChatGPTなどの文章生成AIに依存し過ぎず、情報の真偽を必ず確認するようにしましょう。

こまめにサイトの更新を行い最新情報を盛り込めるようにする

サイトの更新を行わないと、情報が古くなっていき信頼性が落ちるので、1年間更新が行われないとブログの評価が地に堕ちる場合があります。

情報の鮮度が重要なガジェット・商品系のメディアを作る際は、こまめに記事の更新を行い最新情報を盛り込めるようにしましょう。

検索行動(直帰率・滞在時間)を改善する対策

直帰率・滞在時間に対する評価を上げるためには、主観的(個性的)で面白い文章を書いて、読者をファン化させる必要があります。

主張が強い個性的な記事は、客観的なコンテンツが推奨されるSEOでは、マイナス評価になると思われがちです。
しかし、「やめとけ・いらない」などの煽りを含めた方が、読者の興味付けを行えて滞在時間を延ばせるため、意外と検索上位表示されやすいです。

ただし、特定の製品や会社を煽り過ぎると、広告主から指摘・強制退会を食らう危険性があるので、ネガティブワードは使いすぎないようにしましょう。

SEOを活用して最短最速で稼げるWebライターになる方法

SEOを活用して最短最速で稼げるWebライターになるためには、個人ブログで検索上位表示された実績をうまく活用する必要があります。

ここでは、最短最速で稼げるWebライターになる4つのステップを紹介するので、Webライティングの継続案件を受注したい方はぜひチェックしてみましょう。

  1. ペライチやPOTOFUを活用してドメインパワー0から脱却する
  2. GetKeywordを活用して検索ボリュームがあるキーワードを抽出する
  3. 「allintitle:記事KW」で検索して競合サイトが少ない所を狙う
  4. 検索上位を獲得して1ページ目に表示されたら文字単価1円以上の案件を狙う

ペライチやPOTOFUを活用してドメインパワー0から脱却する

個人ブログ(実名)を検索上位表示させれば、SEOを活用して最短最速で稼げるWebライターになれます。

しかし、ドメインパワーが0の状態では、いくら高品質な記事を書いても検索上位に表示されづらいです。

ブログを立ち上げたら、ペライチPOTOFUに自分のサイトのURLを貼り付けることで、被リンクを獲得してドメインパワー0から脱却しましょう。

GetKeywordを活用して検索ボリュームがあるキーワードを抽出する

検索ボリュームがないキーワードで上位表示させても、集客を行えることを証明できないため、記事を作る意味がなくなってしまいます。

GetKeywordを含めた以下のツールを活用して、検索ボリュームがあるキーワードを抽出すれば、上記の事態に陥るのを予防可能です。

GetKeywordは1日10回までしか使えないため、作りたいジャンルの記事のビッグキーワード(1単語のキーワード)を決めておきましょう。

「allintitle:記事KW」で検索して競合サイトが少ない所を狙う

上記の画像のように「allintitle:記事KW」で検索すると、競合記事の件数を調べられ、検索上位表示のおおよその難易度が分かります。

例えば、「Webライター SEO」だと920件も競合記事が存在するので、検索上位表示させるのが難しくなります。

キーワードボリュームが大きく、競合サイトが30件未満の検索KWを選びましょう。

検索上位を獲得して1ページ目に表示されたら文字単価1円以上の案件を狙う

記事の作成を行ったら、「Googleサーチコンソール」にインデックス登録した上で、検索順位チェックツールであるGRCを活用して記事の検索順位を確認しましょう。

検索上位獲得して1ページ目に表示されたら実績になるので、ライター初心者であっても、クラウドソーシングサイトで文字単価1円以上の案件を狙えるようになります。

実際に私も個人ブログで検索順位1位を獲得した実績を活用して、文字単価1.5円の案件を受注できるようになりました。

「クラウドワークス」などのクラウドソーシングサイトで、1から実績を積み上げると時間がかかるので、最短最速で稼げるようになりたい方は個人ブログを作りましょう。

SEOをマスターすれば集客できるので稼げるWebライターになれる!

SEOをマスターすれば、クライアントのメディアの集客を行って収益を高められるため、専門知識がなくても稼げるWebライターになれます。

広告部分に掲載されているnoteコンテンツを購入すれば、誰でも検索上位表示される高品質な記事を作れるようになるので、興味を持った方はぜひ購読してみてください。

広告

\Webライターとして成功したい方は以下の記事も要チェック!/

 【文字単価2円を目指せる】ChatGPTの添削機能を活用した文章力の高め方

 【爆速で文章を書ける】ChatGPTを活用した効率的なブログ記事の執筆方法

 【コミュ障でも集客できる】ChatGPTでSEO記事をリライトする方法

\Webマスターになりたい方はサーバーとドメインを取得できる以下のリンクも要チェック!/

プロフィール

サイト管理者
品田 裕希

1994年生まれのWebライターで東京農工大学出身。メカマスター(修士)を目指すも日本語が全く使えず、初めての就活で無い内定になり休学した苦い経験を持つ。

重度のコミュ障でありながら、2019年6月からWebライティングを始め、2022年7月には最高月収25万円を達成した。

水泳とスキューバダイビングが趣味。将来はダイブマスターになることを夢見ている。現代文の達人である南極老人に憧れを抱いている。

     

カテゴリー

意識(0)

身体感覚(0)

幸福(0)

知能(0)

学力(0)

受験(0)

テスト(0)

就職活動(0)

副業(0)

WEBライター(5)

WEBデザイナー(0)

フリーランス(0)

プログラミング(0)

お金(0)

税金(0)

AI記事作成ツール


ChatGPTを活用して記事作成から文章添削を行う方法を網羅的にまとめたコンテンツとなります。記事の文章がなかなか書けないWebライター初心者の方におすすめです!