【初心者が知るべき】Webライティングのルールを徹底解説!

Webライティングに関するルールを知ることは継続案件を受注する上で欠かせませんが、Webライターは誰でもできる仕事だと誤解されているため、マナーを守れなくなりがちです。そこで今回は、初心者が知るべきWebライティングのルールを詳しく解説します。

2024年1月11日

【目次】

PR

※当記事は本文中にはまだ広告を入れていません。

Webライティングを続ける上で欠かせない3つの法的ルールとは?

フリーランスの世界では損害賠償を受けるリスクがあるので、Webライティングを続ける上で、法的ルールの遵守は非常に重要です。

今回は、著作権・薬機法・景品表示法の3つの法的ルールを詳しく解説するので、裁判に巻き込まれたくない方は確認しておきましょう。

①著作権

Webライティングを続ける上で欠かせない法的ルールは、まず著作権に関する理解です。

著作権は、他人のコンテンツを無断で使用しないことが重要です。これは他人の文章や画像を勝手にコピー・貼り付けすることを避けるためです。


​ 例えば、他のウェブサイトから無断で文章や画像をコピーして使用すると、著作権侵害として法的トラブルに巻き込まれる可能性があります。

他人のコンテンツを使用する際は引用を活用して、著作権に配慮する必要があります。


Webライティングにおいて著作権のルールを守ることは、法的トラブルを避け、信頼性を高めるために不可欠です。この基本的なルールを守りながらコンテンツを制作しましょう。

②薬機法

Webライティングを続ける上で欠かせない法的ルールの一つは、薬機法に関する遵守です。

​ 薬機法は、医薬品や医療機器に関する規制を定めています。

Webライティングにおいて、医薬品や健康関連の情報を提供する場合、この法律に従わなければなりません。


例えば、健康補助食品に関する情報を提供する場合、虚偽の宣伝や誤った情報を提供することは薬機法に違反する可能性があります。

また、医薬品について診断や治療効果を誇大に表現することも禁止されています。

上記の規制を守らないと、法的な制裁を受けるリスクがあるため、注意が必要です。


薬機法を守ることは、Webライティングにおいて信頼性を保ち、法的トラブルを避けるために不可欠です。

医薬品や健康に関する情報を提供する際には、薬機法に従うことを忘れずに行いましょう。

③景品表示法

Webライティングを続ける上で欠かせない法的ルールの一つは、景品表示法に従うことです。

景品表示法は、商品やサービスの宣伝・広告に関する法律であり、消費者を保護するために規定されています。

Web上での広告やプロモーション活動において、上記の法律を遵守することは信頼性を高め、法的トラブルを回避するために必要です。


例えば、記事中で商品アイテムや広告を掲載する際に、内容や条件を明確に表示しないと、消費者を誤解させたり欺いたりする可能性があります。

不当な価格表示などを行い景品表示法に違反すると、消費者からの苦情や訴訟のリスクが高いです。

したがって、Webライティングにおいては、特典や景品に関する情報を正確かつ明示的に伝えることが求められます。


景品表示法を順守することは、Webライティングにおいて信頼性を保ち、法的トラブルを避けるために不可欠です。

特典や景品の宣伝に関する情報は正確に伝え、消費者に対して誠実な情報提供を行いましょう。

Webライティングの基本的な表現のルール10選

Webライティングの成功に欠かせない、表現のルールにはさまざまなものがありますが、特に以下の10個の要素が重要になります。

ここでは、高品質な記事を執筆する上で避けて通れない、Webライティングの基本的な表現のルールを10個紹介するので、初心者ライターの方は確認しておきましょう。

コピペは絶対にしない

Webライティングの基本的な表現のルールの中でも、最も重要なのは「コピペは絶対にしない」というルールです。


コピペとは、他人のコンテンツを無断で複製する行為であり、著作権侵害につながる可能性が高いです。

また、コピペしたコンテンツを掲載すると、Googleペナルティを受けるため、サイト全体の評価が下がりアクセス数も激減します。


記事を執筆する時には、CCDなどのコピペ確認ツールを活用しながら、独自の表現でコンテンツを制作することがWebライティングの基本です。

上記の、著作権問題を回避できるだけでなく、Googleからペナルティを受けるような「低品質コンテンツ」の作成も避けられます。

結論ファーストで書く

Webライティングの基本的な表現のルールの中で、2番目に重要なのは「結論ファーストで書く」ことです。

​​読者は情報を効率的に得たいと考えており、最初に結論を提示すると、彼らの関心を引いてコンテンツ全体に興味を持たせることができます。

結論を前提にすれば、コンテンツの方向性が明確になり、読者が混乱することなく情報を吸収しやすいです。

​​
例えば、商品の紹介記事を書く場合、最初におすすめ商品の最大の利点や特徴を強調しましょう。

読者はその利点に興味を持ち、その後の詳細な説明を読む意欲が湧きます。

結論を先に提示することで、読者の期待に応え、情報の伝達効果を高めることが可能です。

​​
結論を最初に提示することは、Webライティングの成功に不可欠です。

読者の関心を引きつけ、情報の効果的な伝達を促進し、ユーザーエクスペリエンスを向上させます。

結論ファーストを守りながらコンテンツを制作しましょう。

​​一文を50~70文字に抑える

Webライティングの基本的な表現のルールの一つとして、「一文を50~70文字に抑える」ことが挙げられます。​

一つの文章を50~70文字に収めることは、読者の理解を助け、読みやすさを向上させます。

長文は読み手に負担をかけ、情報の吸収が難しくなる傾向がありますが、適切な文長を保つことで、情報伝達をスムーズに行いやすいです。

文章の一文を60文字程度に抑えることは、Webライティングにおいて読みやすさと情報伝達の効果を高めるために重要です。

一文の長さを適切に調整し、読者にとってストレスのない文章を提供しましょう。

「という」や「こと」などの冗長表現を多用しない

Webライティングの基本的な表現のルールとして、「という」や「こと」などの冗長表現を多用しない点も挙げられます。

冗長な表現は文章を複雑化させ、読者の理解を妨げます。
一方で、簡潔な表現を使うと、情報を効果的に伝えて読者の興味を引くことが可能です。

​​例えば、以下の2つの表現を比較してみましょう。
①冗長な表現: “彼は非常に優れた技術者であることが事実であり、そのことは間違いない。
②簡潔な表現: “彼は優れた技術者で間違いありません。

後者の簡潔な表現の方が明確で読みやすく、冗長な言葉が省かれています。

冗長な表現を避け、簡潔な表現を使うことは、Webライティングにおいて重要なルールです。

読者に対してクリアな情報を提供し、文章の効果を高めるために、冗長表現を見つけて削減しましょう。

Wordを確認して誤字脱字のチェックを行う

Webライティングの基本的な表現のルールにおいて、Wordを確認して誤字脱字のチェックを行うことは不可欠です。

誤字脱字が含まれたコンテンツは、クライアントや読者に信頼性の欠如を示してしまうため、プロフェッショナルさを損ないます。

Wordを用いたチェックは、文書の品質を向上させ、読者の印象を良くする手助けになります。

例えば、以下の文章を考えてみましょう。
誤字脱字が含まれた文章: プロダクトの特徴を詳しく紹介し、カスタマーに「勝ち」を提供することが私たちのボールです。
誤字脱字を修正した文章: プロダクトの特徴を詳しく紹介し、カスタマーに「価値」を提供することが私たちのゴールです。

誤字脱字を修正することで、文章のクオリティが向上し、読み手に伝えたいメッセージが明確になります。

Wordのエディタ機能を使って誤字脱字のチェックを行うことは、Webライティングにおいて品質を維持し、読者に信頼感を提供するための大切なステップです。

文章の正確性を確保し、プロのイメージを保つために、誤字脱字に注意を払いましょう。

話し言葉を使用しない

Webライティングの基本的な表現のルールとして、話し言葉を使用しないことも大切です。

Webコンテンツは読まれることを前提としていますが、話し言葉は口語的で、文章の専門的な印象を損なう場合があります。

専門性やプロフェッショナリズムを保ちつつ、読者に分かりやすく情報を提供するために、話し言葉の使用は控えるべきです。

例えば、以下の2つの表現を比較してみましょう。
話し言葉の表現: “このアイテムは超クールだよ!”
専門的な表現: “この製品は非常に優れています。”

後者の専門的な表現の方が、読者に対して信頼性を高め、プロの印象を与えます。

話し言葉を避け、専門的で適切な表現を使うことは、Webライティングにおいて重要なルールの一つです。

読者に対して専門性を示し、情報を分かりやすく伝えるために、言葉遣いに気を付けましょう

トンマナ(トーン&マナー)を統一する

Webライティングの基本的な表現のルールにおいて、「トンマナ(トーン&マナー)を統一する」ことは欠かせません。

トンマナ(トーン&マナー)を統一することは、メディア上で一貫性のある体験を提供し、信頼感を構築するために重要です。

文章のトーンやマナーが一貫していると、クライアントや読者はコンテンツに対する信頼感を抱くようになり、情報を受け入れやすくなります。

しかし、フォーマルなトーンで書かれたコンテンツと、同じサイト内でカジュアルなトーンで書かれたコンテンツが混在している場合は、読者は戸惑いや混乱を感じてしまいがちです。

トンマナを統一するためには、サイト全体や特定のコンテンツに書かれている、トーンやマナーを理解する必要があります。

一貫性を持ったトーンとマナーを持って記事執筆を行い、クライアントや読者の信頼を築けるようにしましょう。

「です・ます」などの同じ語尾を連続で使用しない

Webライティングの基本的な表現のルールの中で、「です・ます」などの同じ語尾を連続で使用しないことも重要です。

同じ語尾を3回以上繰り返して使うと、文章が単調になり、読み手の興味を引く力が低下します。

バリエーション豊かな表現を用いることで、文章が魅力的で読みやすくなります。

​​例えば、以下の文を考えてみましょう。
同じ語尾が3連続した例:商品は便利です。価格も手頃です。使いやすいです。
同じ語尾の連続を避けた例 :商品は便利で、価格も手頃です。使い勝手も優れています。

後者の文は、同じ語尾を連続せず、バリエーション豊かな表現を用いています。

​​同じ語尾の連続を避けることは、Webライティングにおいて重要なルールなので、しっかり遵守しておきましょう。

表記ゆれに気を付ける

Webライティングの基本的な表現のルールにおいて、表記ゆれに気を付けることは不可欠です。

表記ゆれが存在すると、読者は混乱してしまい、情報の正確性や信頼性に疑念を抱く場合があります。

一貫性のある表記を用いることで、読者の理解を助け、プロフェッショナルなイメージを構築できます。

例えば、以下の文を考えてみましょう。
表記ゆれのある文章:彼はプロのYouTuberとしてYoutubeで動画配信を行っています。
一貫性のある表記の文章:彼はプロのYouTuberとしてYouTubeで動画配信を行っています。

後者の文章は一貫性のある表記を用いているため、読者にとって分かりやすいです。

表記ゆれを避け一貫性のある表記を用いることは、Webライティングにおいて読者の理解を助け、プロのイメージを維持するための重要なルールです。

文章中の表記に注意を払い、読者に信頼感を提供しましょう。

他人が見て不快になるマイナス表現は避ける

Webライティングの基本的な表現のルールにおいて、「他人が見て不快になるマイナス表現は避ける」ことも重量です。

マイナス表現は読者に不快感やネガティブな印象を与え、コンテンツの質を低下させるだけでなく、損害賠償を請求されるリスクもあります。
なるべくポジティブで建設的な表現を用いることで、読者の関心を引き、より良い印象を残すことができます。

​​例えば、以下の2つの表現を比較してみましょう。
下品なマイナス表現:この製品は欠点が多く使い勝手がクソなので、もう二度と使いたくありません!
上品なマイナス表現:この製品は改善の余地があり、使いやすさを向上させるポイントがあります。

後者のポジティブな表現は、読者に対して希望や解決策を示し、好意的な印象を与えます。

他人が不快になるマイナス表現を避けることは、Webライティングにおいて読者の印象を向上させるための重要なルールなので、遵守しておきましょう。

検索上位表示される記事を書くのに必要なSEO関連のルール5選

検索上位に表示されるウェブ記事を書くためには、SEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)に関連するルールを守ることが不可欠です。

ここでは、SEO関連の5つの重要なルールを紹介するので、高品質な記事を執筆したい方はぜひ参考にしてみてください。

タイトルと大見出し(h2見出し)に検索キーワードを入れる

検索上位に表示される記事を書くためには、タイトルと大見出し(h2見出し)に検索キーワードを適切に組み込むことが不可欠です。

検索エンジンはタイトルと大見出しに含まれるキーワードを重要視し、上記の内容を元にコンテンツの表示順位を決めます。

適切なキーワードの使用は、検索エンジンにコンテンツのテーマを明示し、検索結果に表示されやすくする助けになります。​​

例えば、「健康 食事」という検索キーワードの記事を書く場合は、以下のようなタイトルと大見出しを作ると上位表示しやすいです。
タイトル:美味しく健康的な食事の秘訣
大見出し(h2見出し): 野菜たっぷりのレシピで健康に良い食事を楽しもう

上記の例では、「健康 食事」というキーワードが適切に組み込まれ、読者と検索エンジンの双方にコンテンツのテーマが明確に伝わります。

このように、検索上位表示される記事を書くためには、タイトルと大見出しに検索キーワードを巧みに組み込む工程が必要です。

検索キーワードを含めたタイトルと大見出しを作ると、Googleのロボットであるクローラーに評価されやすくなります。

ペルソナや検索意図を理解する

検索上位に表示されるSEO対策の記事を書くには、ペルソナや検索意図を理解することが欠かせません。

ペルソナと検索意図を理解することは、読者のニーズを把握し、適切な情報を提供するために重要です。

上記の2つの要素を正確に定めると、読者はコンテンツに価値を見出し、滞在時間が延びるので検索上位表示されやすくなります。

分かりやすく網羅性の高いコンテンツを作る

SEO対策で検索上位に表示される記事を書く際には、分かりやすく網羅性の高いコンテンツを作成することが不可欠です。

分かりやすく情報が網羅されたコンテンツであれば、読者満足度が高まるので離脱率が下がります。

検索エンジンもユーザーニーズに沿ったコンテンツを評価するため、ランキング向上に寄与します。

継続案件を受注できるような高品質な記事を作る時は、分かりやすく情報が網羅されたコンテンツになるように仕上げましょう。

検索上位10位までの競合記事の見出しをまとめる

検索上位表示される記事を書く上でのSEOルールの一つとして、「検索上位10位までの競合記事の見出しをまとめること」が重要です。
​​
競合記事の見出しをまとめることにより、競合分野における主要なキーワードやトピックが明確になり、自身の記事の方向性を確定させられます。

ユーザーニーズに沿った競合記事を参考にすると、読者の需要に合致するので検索エンジンで上位表示されやすいです。

ラッコキーワードを活用して検索上位記事の見出しを抽出して、競合分野のトレンドやキーワードを把握し、自身の記事質を高めていきましょう。

書籍や実体験などのネット上にないオリジナル情報も含める

検索上位表示を狙う際のSEOルールの中で、オリジナルな情報を提供することは不可欠です。

Googleなどの検索エンジンは、ユーザーに最も価値のある情報を提供することを目指しています。

オリジナルな情報は他のコピーコンテンツとの差別化を図り、読者に新たな洞察や価値を提供するために重要です。

また、オリジナリティのないコピーコンテンツを避けることは、検索エンジンのペナルティを回避する上で重要な要因になります。

例えば、旅行ブログを運営している場合は、独自の実体験や地元の情報を記事に取り入れることが重要です。

書籍に掲載されている地元の隠れた観光スポットを紹介したり、現地の文化についての実体験を共有したりすると、オリジナルな価値を提供できます。

ネット上にある3次情報だけをまとめたコタツ記事を避け、読者に新鮮で価値のある情報を提供することで、検索上位表示を実現しましょう。

クラウドソーシングサイトを活用する上で知るべき3つのルール

クラウドソーシングサイトを効果的に活用するためには、いくつかの重要なルールが存在します。

今回は、Webライティングを行う上で特に重要な3つのルールを紹介するので、クライアントとのトラブルを避けたい方は確認しましょう。

①実績作りに必要な評価基準を理解する

クラウドソーシングサイトを活用する際に重要なルールの一つ目は、実績を築くために評価基準を理解することです。

評価基準を理解することは、依頼主や仕事仲間からの評価を向上させ、新たなプロジェクトを獲得しやすくする重要なステップとなります。

クラウドソーシングプラットフォームでは評価が信頼性の指標となり、実績を積み重ねるためには評価基準を把握し、5つ星を得られるような行動が必要です。

例えば、クラウドソーシングサイトでライティング案件の仕事を受注した場合、依頼主からの評価は仕事の品質・納期遵守・コミュニケーション能力などに関連します。

評価が高ければ今後の仕事機会が増え、信頼度が向上します。

クラウドソーシングサイトを利用する前に、評価基準を理解して、実績を積み重ねられるようにしましょう。

②途中契約終了の条件を把握する

クラウドソーシングサイトを活用する上での重要なルールの二つ目は、途中契約終了の条件を把握することです。

途中で契約を終了する場合、依頼主やフリーランサーの双方にとってスムーズなプロジェクトの進行やリスク管理が重要です。

途中契約終了の条件を把握することは、トラブルを防ぎ、プロジェクトの進行を円滑にするために欠かせません。

例えば、未経験でもできるライティング案件が充実したクラウドワークスでは、途中契約終了リクエストが出てから1週間放置すると、強制的に1つ星をつけられてしまいます。

評価が落ちるとWebライター人生が詰みかねないので、途中契約終了の条件もしっかり把握しておきましょう。

③受注前に案件の報酬や手数料も確認しておく

クラウドソーシングサイトを活用する際に覚えておくべき最後のルールは、受注前に案件の報酬や手数料を確認しておくことです。

受注前に報酬や手数料を確認することは、フリーランサーにとって報酬に見合った仕事を受注し、無駄な手数料を回避するために不可欠です。

特にWebライターなどの誰でもできる案件は、低単価な案件が多くなり搾取されやすくなります。

例えば、文字単価0.1円の案件を受注してしまうと、1時間に1,000文字書いても100円しかもらえないため、余裕で最低賃金を下回ってしまいます。

クラウドソーシングサイトを利用する際には、報酬と手数料を受注前に確認することで、報酬に見合った仕事を選べるようにしましょう。

Webライティングの継続契約を取る上で守るべき5つのルール

Webライティングの継続契約を獲得するためには、クライアントから指示されたルールをしっかり守る必要があります。

ここでは、クライアントと良好な人間関係を築く上で欠かせない、5つのルールを紹介するので、低評価を付けられたくない方は目を通してみましょう。

指定された納期は必ず守る

Webライティングの継続契約を取る上で、指定された納期を厳守することは絶対に守るべきルールです。

納期の厳守は、クライアントに対する信頼性を高め、プロの仕事ぶりをアピールする重要な要素です。

納期を守ることでクライアントは安心感を得ることができ、再契約や長期の継続契約に繋げやすくなります。

逆に、納期を守らないとクライアントからの低評価を付けられるため、案件の受注が難しくなりWebライター人生が終わりかねません。

IT・プログラミング系の業務と異なり、Webライターは工数が把握しやすい上に難しくない作業なので、必ず納期を守りましょう。

レギュレーション(マニュアル)に沿って記事を書く

Webライティングの継続契約を取る上で、クライアントのレギュレーションやマニュアルに厳密に従うことは非常に重要です。

クライアントが提供するレギュレーションやマニュアルは、メディア上で書いて欲しい記事の内容を具体的に示しています。

そのため、レギュレーションに従わないと、クライアントの不満やトラブルの原因となり、契約の継続が難しくなります。

Webライティングのテストライティングを受注する時は、クライアントが提供するマニュアルに目を通しておきましょう。

同じフィードバックを繰り替えさないようにする

Webライティングの継続契約を取る上で、同じフィードバックを繰り返し受けることを避けるのも、非常に重要なポイントです。

同じフィードバックを何度も受けることは、クライアントに対する信頼性を低下させる要因となります。

同じ指摘事項が繰り返し出てくると、クライアントは不満を抱き、継続案件を受注した状態であっても契約を切られてしまう可能性が高いです。

Webライティングの案件を受ける時は、同じフィードバックを受けないよう努力しましょう。

連絡が来たら24時間以内に返信を行う

Webライティングの継続契約を取る上で、連絡が来たら24時間以内に返信を行うことも重要です。

​​クライアントの連絡に対する迅速な返信は、プロフェッショナリズムと信頼性を示す重要な要素です。

仕事を行う上で、クライアントは時折急ぎの依頼や質問を行ってきますが、迅速な対応があれば相手に安心感を与えられます。

連絡が来たら即レスを行い、クライアントとの信頼関係を築けるようにしましょう。

返信を行う時の言葉遣いにも気を付ける

Webライティングの継続契約を取る上で、返信を行う際の言葉遣いにも十分な気配りが求められます。

無礼な言葉遣いや不適切な表現は、クライアントとの信頼を損ね、契約の機会を逃すことになりかねません。

返信時には心のこもった言葉遣いを心がけて、プロのライターとしてのイメージを高めることで、継続契約の獲得につなげましょう。

Webライティングのルールを学んで継続案件を獲得しよう!

Webライティングのルールを学べば、クライアントとの信頼関係を築けるため、継続案件を受注しやすくなります。

慣れない内は堅苦しく感じるかもしれませんが、業務上のルールもしっかり把握して、読者やクライアントのニーズに沿った高品質な記事を迅速に提供できるようにしましょう。

広告

\Webライターとして成功したい方は以下の記事も要チェック!/

 【文字単価2円を目指せる】ChatGPTの添削機能を活用した文章力の高め方

 【爆速で文章を書ける】ChatGPTを活用した効率的なブログ記事の執筆方法

 【コミュ障でも集客できる】ChatGPTでSEO記事をリライトする方法

\Webマスターになりたい方はサーバーとドメインを取得できる以下のリンクも要チェック!/

プロフィール

サイト管理者
品田 裕希

1994年生まれのWebライターで東京農工大学出身。メカマスター(修士)を目指すも日本語が全く使えず、初めての就活で無い内定になり休学した苦い経験を持つ。

重度のコミュ障でありながら、2019年6月からWebライティングを始め、2022年7月には最高月収25万円を達成した。

水泳とスキューバダイビングが趣味。将来はダイブマスターになることを夢見ている。現代文の達人である南極老人に憧れを抱いている。

     

カテゴリー

意識(0)

身体感覚(0)

幸福(0)

知能(0)

学力(0)

受験(0)

テスト(0)

就職活動(0)

副業(0)

WEBライター(5)

WEBデザイナー(0)

フリーランス(0)

プログラミング(0)

お金(0)

税金(0)

AI記事作成ツール


ChatGPTを活用して記事作成から文章添削を行う方法を網羅的にまとめたコンテンツとなります。記事の文章がなかなか書けないWebライター初心者の方におすすめです!